お問い合わせ

News

コンポジットハイウェイ・アワード2020
「製品・評価技術部門」でグランプリを受賞

2020年12月23日

2020 年 12 月 22 日(火)、TKP ガーデンシティ PREMIUM 名古屋ルーセントタワーにおいて
「第4回コンポジットハイウェイ・アワード~2020」(※1)が開催されました。
製品・評価技術部門で弊社はカジレーネ株式会社(石川県かほく市)(※2)と共同で、
件名「炭素繊維ワイヤー芯線による軽量・高強力・フレキシブルな電源ケーブル」でグランプリを受賞しました。

これは、コンポジットハイウェイコンソーシアム(※3)が主催、経済産業省中部経済産業局が共催する
中堅・中小企業の炭素繊維複合材料に関する優れた技術・製品のうち、国内外サプライチェーンの構築につながるものとして、
ユーザー企業等からの評価が高い優れた技術・製品を表彰するものです。
2020年8月から企業の技術・製品の募集を開始し、自動車メーカーや住宅メーカーなどCFRP(炭素繊維強化プラスチック)のユーザー企業や
研究開発拠点を有する大学による審査が行われ、受賞企業が決定しました。

(※1)「第4回コンポジットハイウェイ・アワード~2020」について
第4回コンポジットハイウェイ・アワードは、次の4部門において、それぞれ受賞案件(グランプリと準グランプリ)を決定・表彰します。
〇表彰部門:
(1)素材部門:炭素繊維の織物、シート等の中間基材やプリフォーム
(2)成形技術部門:プレス、引き抜き、射出等のCFRPの成形技術
(3)製品・評価技術部門:CFRP(他材料とのハイブリッド材含む)を用いた製品、およびその評価技術
(4)リサイクル部門:CFRPのリサイクル技術及び材料を用いた中間基材や成形品
〇審査方法:
応募案件が多数の場合、応募書類による1次審査を行います。1次審査を経た案件について、
コンポジットハイウェイコンソーシアムの参画機関やユーザー企業等の審査機関による2次審査を行います。
2次審査は、応募書類のほか、応募企業のプレゼンテーションによる審査を行い、受賞案件を決定します。

(※2)カジレーネ株式会社について
石川県を中心に合繊長繊維織物の生産を手掛け、特に軽量織物分野で世界屈指の技術力を誇ります。超極細糸を自在に扱い、
薄く軽く高度な機能を持つテキスタイルへと仕上げていく技術力は世界のスポーツメーカーやアパレルから注目を集めています。
また、新規事業の一環として炭素繊維分野での事業開拓に取り組んでおり、炭素繊維の糸加工に関する特許を多数保有しております。
URL:https://www.kajigroup.co.jp/

(※3)コンポジットハイウェイコンソーシアムについて
名古屋大学ナショナルコンポジットセンター、岐阜大学複合材料研究センター(現 Guコンポジット研究センター)及び
金沢工業大学革新複合材料研究開発センターにより「東海・北陸連携コンポジットハイウェイ構想」の実現に向けた連携協定が調印されました。
本構想の実現に向けて、これら中核となる研究開発拠点と地域の公設試等の11機関により、産業界が求める多様なニーズに応える
研究開発・人材育成のプラットフォームとなる場を提供するため「コンポジットハイウェイコンソーシアム」を立ち上げられました。

Contact us