お問い合わせ

Top Message

株主の皆様には、平素より格別のご支援を賜り厚く御礼申しあげます。

さて、当社グループ第77期第2四半期連結累計期間(2021年4月1日から2021年9月30日まで)の事業の概況をとりまとめましたので、ご報告申しあげます。

■ 事業の概況

当第2四半期連結累計期間におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症の影響により、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が発出されたことで経済活動が制限され、厳しい状況が続きました。ワクチン接種の促進により景気の回復が期待されるものの、依然として先行きは不透明な状況であります。

このような状況の中、当社はESG(環境・社会・統治)を中核に据えた経営方針のもと「新分野開拓」「新製品創出」「新顧客増強」「新グローバル戦略推進」の4S運動に取り組んでおります。自然災害の頻発と防災意識の高まり、脱炭素化社会への流れなどめざましく変化する環境に適応し、さらに環境そのものの改善に役立ち貢献することを第一義に活動しております。

当社グループに関係する事業環境では、公共投資関連は底堅く推移いたしました。当社は特に力を入れております防災・復旧工事への取り組みを中心に展開いたしました。しかし、住宅建設関連市場は、新設住宅着工戸数が前年比増と回復基調にあるものの厳しい状況が続いております。また、国内子会社では、自動車業界に関連する分野への販売が増えつつあり、自動車業界での半導体不足による減産影響もでており先行き不透明な状況でありますが、新規取引先からの受注が増加したことにより、大幅な増収増益に繋がりました。

また、当期は基幹システムを5月より刷新したことで、生産性向上に寄与し、業務の効率化に繋がりました。

その結果、当第2四半期連結累計期間における売上高は4,353百万円(前年同期比23.1%増)、営業利益は123百万円(前年同期比50.9%増)、経常利益は161百万円(前年同期比22.9%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益は175百万円(前年同期比92.3%増)となりました。

代表取締役社長 競 良一

Contact us